高麗神社

高麗神社 最新情報 News

2019.10.10 お知らせ

獅子舞宮参り 御印行事

■獅子舞宮参り 御印行事
高麗神社の獅子舞は、勇壮かつ力強い舞ぶりが特徴です。江戸時代より高麗神社の氏子たちが、世代交代を繰り返し約400年に渡り、脈々と伝えてきました。その獅子舞は毎年10月19日の例祭で奉納されます。中でも『宮参り』は子どもたちが獅子に扮する最初の演目で本殿から山上の水天宮へ登り、日頃の感謝と御神威発揚(神様の力がますます強くなり広まること)の願いをこめた舞が奉納されます。この時、共に登頂した子どもたちへ子獅子の役者たちが御印をお授けいたします。この御印を額に授けられた者は、高麗神社と水天宮の神様のご加護を受け一年間『無病息災』の霊験を授かると言います。

 

令和元年10月19日(土)
参加対象: 0歳~7歳の子ども(保護者同伴のこと)
参加方法 無 料/申込み無し 自由参加
※頂上へは10分ほど掛かります。山道の為、登る事が困難な方にもご参加いただけるよう以下の参加方法があります。雨天時には、ふもとのみで行います。13:45頃に祓所に集合ください。

 

<山頂で受ける方>
13:45頃にふもとの祓所(はらえじょ)に集合してください。神社職員が先導して山を登ります。

 

<ふもとで受ける方>
14:20頃にふもとの祓所に集合してください。

 

  

Category
Archive