高麗神社

■平成29年 9月20日(水曜日)にご参拝を予定されている皆様へ

畏くも天皇皇后両陛下におかせられましては、平成29年9月20日(水曜日)当社へ御参拝のことと成りました。誠に名誉な事と慶賀に堪えません。
この事に伴い、9月20日は境内への立ち入りを制限させていただきます。伴いまして、祈祷の執行、お守り神札等の頒布などの対応も大幅に変更致しますのでご注意下さい。

◇ 天皇皇后両陛下 神社 御着:午前 ◇

<境内進入制限に伴う社務の変更は以下の通りです>
※参拝可能時間・・・概ね15時以降
(15時以前は、第1鳥居付近の臨時遥拝所でご参拝下さい)
※お守り、神札、御朱印等 授与所・・・16時〜17時の一時間
※祈祷受付・・・16時〜17時の一時間
※駐車場への駐車・・・第2駐車場のみ駐車ができます。下記地図をご参照下さい。(クリックで拡大表示)

当日は交通規制による混雑が予想されます。
なお、天皇・皇后両陛下奉送迎の予定につきましては、日高市役所のホームページをご参照いただきますようお願い申し上げます。
日高市ホームページはこちら

■高麗郡建郡1300年記念奉製 導御守(みちびきまもり)頒布のお知らせ

当社のご祭神、高麗王若光 様は高麗郡建郡の際に高麗人達を導き、開拓の指揮を執られたというご功績にあやかり、
『導き』の御守りを建郡1300年記念として奉製いたしました。

御守りは、道中安全・目標達成等に導くものです。首から下げる、或いは鞄に下げるなど身近にお持ちください。

申込みについて

尚、御守りの裏には、お名前・ご住所・電話番号を彫り入れる事ができます。彫り入れには、お時間をいただきますので、事前のお申し込みが必要となります。10月11日までにご来社いただき、お申し込みください。

御守りの材質が3種類ございます。

◎竜・・・黒檀(こくたん) 初穂料:10000円
黒檀は、半永久的な耐久性を持ち、強く固く重いので、ピアノの鍵盤や工芸品に使われるとても貴重な木材です。
◎鶴・・・本黄楊(ほんつげ) 初穂料:5000円
黄楊は、櫛や印材等に使われる高級木材で、彫り入れした部分の鮮やかな褐色が特徴です。
◎亀・・・南洋桂(なんようかつら) 初穂料:2000円
一般的に「アガチス」と呼ばれる木材で、彫り入れした部分が濃く出るのが特徴です。
注 意:申込み後、御守りにお名前等の彫り入れ作業を行います。御守りのお渡しは、神社の例祭の日、
10月19日 11:00〜16:00の間に神社に受け取りにお越しください。

遠方で、ご都合のつかない方には郵送でのお渡しもできます。お申し込みの際にお申し付けください。
ご不明な点は、高麗神社社務所までお問い合わせください。
高麗神社社務所 電話:042−989−1403

■願獅子祈祷札 頒布のお知らせ

願獅子は毎年10月19日に行われる例祭で、祭典後の午後1時から氏子により奉納される獅子舞の庭の1つです。例年、午後3時頃に舞われ、大神様の鎮まる社殿を7回まわりながら勇壮に舞い、皆様からいただいた願いを願掛けいたします。獅子が願い、大神様の御神徳をいただいた願獅子札をお頒かちいたします。

授与札について
・御札(1万円) ・御札(3千円) ・御札(1千円)
縦41.5×横13.5p 縦34.0×横11.5p 縦27.0×横9.5p
申込みについて

希望の方は、事前の申し込みが必要です。10月11日までにご来社いただき、お申し込みください。御札のお渡しは、神社の例祭の日、10月19日 11:00〜16:00の間に神社に受け取りに来社いただきます。遠方で、ご都合のつかない方には郵送でのお渡しもできます。お申し込みの際にお申し付けください。※初穂料のほか、郵送料をいただきます。
ご不明な点は、高麗神社社務所までお問い合わせください。
高麗神社社務所 電話:042−989−1403

■観月祭にご参列ください

■観月祭

日にち:平成29年 10月4日(水)
時 間:18:30〜20:00(受付18:00〜18:25)
場 所:本殿
定 員:100名
対 象:どなたでも参加できます。

申込み:不要 当日参集殿2階ロビーへお越しください。
※祭典に続き二胡の奉納演奏があります。お子様の参加につきましては十分にご留意いただきますようお願いいたします。

参加費:祭典に参列いただきますので、玉串料をお気持ちでお包みいただきます。

<行事内容>

月下の恵に、神前を通じて感謝を捧げます。続いて奉納演奏を行い、美しい音色を神々へ奉り、参列の皆様にもご鑑賞いただきます。終了後には、観月祭のお供えとして特別に創作した和菓子を徹してお配りいたします。狭山茶と共にいただきながら中秋の名月をお楽しみください。

<予 定>18:00〜18:25 受付
18:30 祭典執行 休憩(10分程度)
19:00 奉納演奏(45分程を予定)
20:00 お茶とお菓子をいただきながらお月見の後、終了
<中国伝統楽器 二胡 奉納演奏>
二胡奏者:馬 高彦(Ma Gaoyan マ・ガオイエン)
中国山西省河津県出身。7歳の頃より音楽教師の兄より二胡を学び始める。
13歳の時に山西省運城地区文工団のオーディションに合格し、最年少で入団。
1980年に飛び級で16歳天津音楽学院に入学。同学院卒業後は山西大学音楽学部(現:山西大学音楽学院)の講師となる。1991年中国最大規模の【上海之春 敦煌杯 全国二胡コンクール】プロ部門において演奏賞受賞。1992年来日、埼玉県を中心に全国各地でリサイタルを行う。
中国の楽曲はもとより日本の歌、映画音楽、ポピュラー、そしてクラシックナンバーに 至るまで幅広いレパートリーを持ち、その卓越した技巧と叙情味溢れる演奏は、多くの人々を魅了している。出版したCDアルバム 「離騒」/「遥かなる大地の歌」/「黄河の源へ」/「ニ胡が奏でる日本の詩」東京都、埼玉県、群馬県、茨城県で二胡を教える。
・公式WEBサイト
http://www7a.biglobe.ne.jp/~magaoyan
<観月祭 献上 和菓子 高麗観月>
菓子名:高麗観月 (こまかんげつ)
このたび夜空に見える満月を題材に、和菓子を創作いたしました。観月祭にて大神様にお供えし、終了後にご参加の皆様にお分けいたします。 初お披露目となる美味しい和菓子と狭山茶をいただきながら中秋の名月をご観賞ください。 菓子謹製:栗こま娘本舗 亀屋(日高市原宿)

■第7回 鎮守の杜の音楽祭

第7回 鎮守の杜の音楽祭
日にち:平成29年9月24日(日)
会場 :高麗神社 神楽殿
鑑賞無料/各30分ほどの演奏/雨天決行

<時間/出演者プロフィール>

◆10:30 薩摩琵琶五弦  出演 藤野 水銘(ふじの すいめい)
埼玉県坂戸市で生まれる。日本琵琶協会会員・全国平家会会員・NHKFM放送邦楽のひと時出演十回。現在、郷土の歴史や中世の武将を題材に作詞・作曲を行う。作品には、源平悲話木曽義仲・耳なし芳一・比企一門盛衰記・源平要川合戦・高麗王若光物語 他多数 全国各地において弾奏中

◆11:15 馬頭琴  出演 エルデン ダライ
内モンゴル・シリンゴル地方出身。
内モンゴル大学芸術学院モリンホール( 馬頭琴 )専攻卒業。
名師ナ・フホに師事。モンゴル国立芸術大学のバトエルデネに師事。
大学在学中に日本に訪問出演。
内モンゴル第二回室内楽競技優秀賞。
大学卒業後日本に渡り東京を拠点に日本全国でプロ演奏活動中。
◆13:30 カヤグム  出演 金 オル(キム オル)
東京で生まれる。2002年 梨花女子大学 音楽大学韓国音楽科卒業。
韓国にてファン・ビョンギ、クアクウナ、趙ユンジョンに師事。
12絃、21絃、25絃カヤグムをこなす数少ない奏者の1人。
金オルカヤグム教室主宰・東京韓国学校 特技適性カヤグム講師・ 駐日韓国文化院 世宗学堂 カヤグム講座講師
◆14:20 歌手  出演 李 政美(イ ヂョンミ)
東京・葛飾生まれの在日韓国人二世。国立音楽大学在学中から朝鮮民謡、フォークソング、フォルクローレなどをうたいはじめ、ドラマ・映画の挿入歌等を手がける傍ら、さまざまなミュージシャンとの共演、 ソロライブ活動を続ける。現在はオリジナル曲を中心にジャンルを超えた幅広いレパートリーで、ライブ、コンサートを展開。
年間100余りのコンサートを行い、心にしみとおるその深く透明な歌声は、日韓両国の根強いファンに支えられている。

■2017 秋の催し情報

2017秋の催し情報 鑑賞無料 会場:神楽殿および境内前庭

◆9月16日(土)
・巫女舞 11:00/13:00
◆9月17日(日)
・蛇喜猫賀コンサート 11:00
・古代装束絵巻 14:30

◆9月18日(月・祝)
・古代装束絵巻 14:30
◆9月23日(土)
・お座敷 狂言 11:00/14:00
会場:神社裏手
国指定重要文化財「高麗家住宅内」
曲目:「仏師」
出演:澤祐介・三宅右矩
・宮司による 高麗神社入門 12:30
(境内を歩きながら神社を解説)
 
◆9月24日(日)
・国指定重要文化財 高麗家住宅 内部自由見学
9:00〜16:30開場
※住宅内部自由見学は9月24日〜10月1日を予定
・宮司による 高麗神社入門 12:30
(境内を歩きながら神社を解説)
◆9月30日(土)
・宮司による 高麗神社入門 12:30
(境内を歩きながら神社を解説)
・テコンドー演武(ファラン朴武館)13:30
・合気道 演武 (小林道場)14:15
・テコンドー演武(ファラン朴武館)15:00
◆10月1日(日)
・韓国打楽器サムルノリ 演奏
(チームAVK)11:00
・宮司による 高麗神社入門 12:30
・南部神楽 岩戸入り 演舞(神楽乃朋友)13:30