高麗神社
 

■講話シリーズ 心で語らう 神仏セッション 第24回 正福寺

日時:令和元年 6月22日(土)
会場:正福寺 本堂
住所:東京都青梅市今井2−1045
連絡先:TEL0428−31−7738
車の駐車場がありませんので、電車もしくはバスをご利用ください。

アクセス:
【電車】JR八高線金子駅より徒歩8分/JR青梅線小作駅よりタクシー10分
【バス】入間市駅より西武バス河辺駅北口行 七日市場下車すぐ

<今回の内容>

【同時開催 企画】

「お坊さんの紙芝居」
会場: 正福寺 本堂
時間: 14:30〜15:00 鑑賞無料
正福寺 いいだ あきら 住職さんが紙芝居を行います。
お寺の本堂での紙芝居、はてどんなお話がとびだしますか、ご期待あれ!

【神仏セッション】

テーマ 「日々の暮らしと宗教」 〜宗教によって日々の暮らしは どう生き生きするか〜
日本古来の伝統宗教に対して、「宗教は形式化してしまった」「中身のない単なるしきたりになってしまった」という批判は、実はかなり古くからありました。にもかかわらず、神道も仏教も絶滅することなく今日まで受け継がれているのはなぜか。
その理由のひとつは、宗教が持つある種の「効用」にあるのではないでしょうか。今回は、宗教の持つ「私たちの生活に息吹を与え、心身の疲れや傷あとを癒やし、活力を呼び起こすはたらき」に着目し、そのありようを考えてみたいと思います。

会場: 正福寺 本堂
時間: 15:15〜16:30 入場無料/申込不要
セッション:花と音楽の集いメンバーの神職と僧侶5人

主催:花と音楽の集い
「花と音楽の集い」は、観音寺(飯能市)・服部融亮住職/慈眼寺(坂戸市)・大塚龍道住職/秩父御嶽神社(飯能市)・鴨下清司宮司/高麗神社(日高市)・高麗文康宮司/正福寺(青梅市)・飯田彰住職の5人が中心となり、神社仏閣が「地域に貢献すること」を理念に、さまざまな活動を行っています。

講話シリーズ 心で語らう 神仏セッション 講話シリーズ 心で語らう 神仏セッション