■第6回 高麗郡偉人伝 《幕末・明治期に活躍した業績を振り返る》蘭方医 安藤文澤 と 外交官 安藤太郎 父子 特別展

開催期間:令和3年8月22日(日)~8月29日(日)

重要【開催延期のお知らせ】

このたびの埼玉県内 緊急事態宣言発令と今後の感染症拡大防止を鑑みまして、予定しておりま
した展示会・講演会・体験イベントなどの全項目を来年の令和 4 年 3 月に延期とさせていただき
ます。
ご来場・ご参加をご検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ご
ざいません。新しい詳細日程が決まり次第、改めてご案内させていただきます。何とぞご理解の
ほどよろしくお願い申し上げます

主 催 :高麗神社

※新型コロナウイルスの影響などにより、急遽行事内容が変更になる場合もございます。来場や申込みの際には、当ホームページや公式Facebookの最新ニュースを今一度ご確認いただきますようお願いいたします。

今、武蔵国の風土に注目が集まっている

毛呂山から日本全国、そして世界へ・・・開明的逸材の父子を探る!

<安藤文澤>

文澤は、現埼玉県毛呂山町阿諏訪(あすわ)出身で江戸後期に活躍した医師。江戸の四ツ谷に開業し、鳥羽藩医となった文澤は、死に至る感染症、天然痘(てんねんとう)を撲滅するため種痘(しゅとう)【ワクチン接種】の普及に奮闘した。まさに今、時代の先達者である文澤に光を当てる。

<天然痘について>

天然痘は紀元前より、伝染力が非常に強く死に至る病として、人々から恐れられていました。また、治癒しても顔面に瘢痕(はんこん)が残るため、江戸時代には「美目定めの病」と、忌み嫌われていたとの記録があります。天然痘ワクチンの接種、すなわち種痘の普及によりその発生数は減少し、WHO(世界保健機関)は1980年5月天然痘の世界根絶宣言を行いました。以降これまでに世界中で天然痘患者発生の報告はありません。

【 参照:国立感染症研究所 HP「天然痘(痘そう)とは」 】

<安藤太郎>

文澤の長男 安藤太郎は、旧幕府軍として函館戦争に参戦。後に明治政府にその才能を買われ、岩倉具視使節団に通訳官として同行する。その後には外交官として活躍した。坂本龍馬や勝海舟など、錚々(そうそう)たる顔ぶれとの接点もあったと考えられる。更に大酒豪から禁酒運動家へと変貌(へんぼう)を遂げるなど、ユニークな人物像がうかがえる安藤太郎を紹介する。

◆展示会

会場:高麗神社 参集殿2階

展示期間 ─ 令和3年8月22日(日)~8月29日(日)

開場時間 ─ 9:00~16:00

入場料 ─ 無料

激動の幕末から明治期へと時代を駆け抜けた安藤文澤・太郎 父子。 その時代背景や蘭方医学と人との出会い、天然痘との戦い、地域医療 への貢献など、文澤の歩んだ道を解説。また函館戦争から外交官へ、 そして大酒豪から禁酒運動家への変貌など、太郎のユニークな人物像 と功績を文献や人物交流などを紐解き紹介する。

※8月22日・29日は、展示会場を講演会の会場として使用いたします。
その為、この日、展示会への入場及び見学は、9時~12時までとさせていただきます。

◆講演会

会場:高麗神社参集殿2階

■ 8月22日(日)13:30~15:30 ※事前申込み

【第1部】
講演: 『地方種痘術ノ開祖・安藤文澤と、その子・太郎の幕末 ~さまざまな人物交流から見えてきた実像~』 <約60分>
講師: 国士舘大学政経学部 非常勤講師 土井康弘(どいやすひろ) 氏

<講師略歴>
1966年、富山県生まれ。東京学芸大学教育学部卒業、同大大学院教育学研究科修士課程修了、法政大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(学術)。第二回野間科学史医学史研究助成、武田科学振興財団2006年度杏雨書屋研究奨励を受賞。現在、関東近郊の大学で非常勤講師を勤める。専門は、科学技術史、洋学史。著書に、『日本初の理学博士 伊藤圭介の研究』(晧星社、2005年)、『本草学者 平賀源内』(講談社、2008年)がある。

【第2部】
トークセッション<約45分> 土井康弘 氏と高麗文康 <高麗神社 宮司>


■ 8月29日(日)13:30~15:30 ※事前申込み

【第1部】

講演:『 外交官・安藤太郎と日本禁酒運動 』<約60分>
講師: 一般財団法人 日本禁酒同盟 理事 聖学院大学 非常勤講師 山本祥弘(やまもと よしひろ) 氏

<講師略歴>
1978年、和歌山県生まれ。首都大学東京大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。一般財団法人日本禁酒同盟理事、聖学院大学非常勤講師。専門は医療社会学。日本禁酒同盟が100年以上にわたって収集・保管してきた、日本の禁酒運動に関する歴史的資料の整理・研究にたずさわっている。

【第2部】
トークセッション<約45分> 山本祥弘 氏と高麗文康

<参加申込み>

○受付期間:8月1日(日)~8月28日(土) (両日とも定員に達し次第、締め切ります)
○定 員: 各 30名
○参加費: 無料
○対 象: 中学生以上
○申込み方法:電話・神社窓口のいずれかにて申込み。(必要事項:氏名・住所・連絡先・年齢)
○申込み先:高麗神社 受付時間: 毎日9:00~17:00 TEL 042-989-1403

◆体験イベント① 切り絵 紙芝居 上演

『 毛呂山の偉人(種痘医)安藤文澤 』 毛呂山町立図書館 所蔵
上演日: 8月 23日(月) / 24日(火)/ 25(水) / 26日(木) / 27日(金) / 28日(土)
時 間: 午後2時頃より 1回 約30分
会 場: 高麗神社 参集殿2階 高麗郡偉人伝 展示会場内
※申し込みの必要はありません。 自由参加です
上演者: 展示解説員・山崎綾子(やまざき あやこ) 氏
安藤文澤の一生を紙芝居でわかりやすく学ぶことができます。
※また展示会場内では、「安藤文澤・太郎 父子」の3択クイズコーナーもあり、楽しめます!