正月初詣情報

正月初詣のお知らせ

※令和5年の感染症予防取組みは一部を継続し、他通常へと戻して皆様をお迎えいたします。
皆様には下記の内容をご一読いただき、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご祈願】

年内の正月先詣(さきもうで)祈願は、行いません。通常の祈願のみとなります。
(ただし会社・団体様に限り、正月先詣祈願を承ります。事前に日時ご予約をお願いします。)

会社・団体様の人数制限は行いません。会社・団体様に限り、年内「先詣(さきもうで)」および1月4日以降で、祈願のご予約を12月26日締切で受付ております。
ご予約方法は、同ホームページ「最新ニュース」の項目をご参照ください。

1月1日~3日(3が日)は、交通安全守り(車に下げるおふだ)への名前記入を行います。

祈願の拝礼は、昨年同様で玉串(榊の枝)をお供えせずに、各世帯および団体ごとに拝礼(2拝2拍手1拝)のみを行っていただきます。(1月1日から1月15日まで実施)

【熊手・破魔矢・開運扇・干支絵馬等、新年の縁起物】
令和4年12月24日より授与所にて熊手や破魔矢など正月縁起物を受ける事ができます。

【1月の高麗神社御朱印】
昨年、感染症対策で行いました12月・1月の御朱印を共に受けられる形は行いません。通常の頒布方法へと戻ります。
12月中は「なんてん」の印を右下に押し、帳面に直接記入いたします。1月の御朱印は、2種類(15日まで【初詣】と16日~31日まで【すいせん】)になります。
なお、1月の御朱印は、紙の物を授与いたします。帳面には押印・記入は致しませんので、ご了承ください。

【授与所で求めた「おふだ」類への名前記入について】
授与所の「おふだ」で、希望の方には筆でお名前を記入いたします。
授与所で受けたものを御朱印受付にお持ちいただき、お申込みください。(授与所・・・お守、お札、縁起物等を頒布している所)

【境内】

屋台(露天商)は、令和5年1月1日より出店いたします。お買い求めの商品はお持ち帰り頂きお楽しみください。
1月中は、境内全てで禁煙とさせていただきます。
休憩用のベンチ等は設置いたしません。